業者に委託する場合でもオフィス設計の基本を知ることが必要

作業効率や導線を考慮して依頼する

業務に即した設計が重要過去の失敗を教訓に作業効率や導線を考慮して依頼する

その結果様々な機器の設置場所を考慮する際に導線や作業の支障等を十分に考慮しなければいけないことがわかり、最終的にこれらの共通機器を利用することを前提に様々なレイアウトに関しても考え直すことになりました。
この結果をもとに様々な業者にレイアウト変更の提案を募り、最終的にはこちらの条件を十分に考慮して提案を行った業者に依頼をすることになったのです。
その結果、従来に比べて非常に作業効率が高まり、またセキュリティ面でも安心して様々な機器を使用することができるようになりました。
様々な機器の設置や効率の良い配線などは専門の業者の方がその知識が豊富であるため、これらの具体的な実現方法は委託してしまうことが最も良い方法と考えられます。
しかし基本的なレイアウトは依頼元でその条件を十分に考慮した上で依頼をすることが必要であり、この条件を実現できない業者は採用しないようにすることが重要なポイントとなります。